いい音楽いい小説とは

はっきり言ってこの世のことを言ってしまうと、いい音楽もいい小説もそんなものそもそも存在しないのでは?って思うのだ、

なにせ世の中は個人の集団が作り上げているのだから、結局のところ、言いも悪いもそれぞれの個人がつくりあげるわけだから、あえて言うならそれでも誰々が何かを選ぶという全体としての選択があるわけだから地球上にいる個々人が選ぶ良いと思う言葉のベクトルの方向を読み取れているものが、良い文章、小説ってことになるんだろうね、つまり気持ちがいいかどうか、

 

僕も伊藤計劃さんみたいな文章が書けるようになりたい、

それでブログを拝見していたわけだけれど、

d.hatena.ne.jp

 

何せオタク度がとんでもなくたかいのだ、用語用語一つが知ってる人にしかそれわかんねーだろって言いたくなるような言葉ばかりの多様でもう何じゃこりゃ状態笑

言いも悪いも無いならどれだけ自分が文章や音楽で気持ちよく慣れるのだろうかって言うのはポイントなのかもしれないですね、

好きな小説家の様な文章が書けるようになりたいから、今日はブログ全体を読み漁ってみようと思います、

俺も文章と音楽のとんでもないオタクになってみたいもんです、彼の場合は年間400本も映画を見る映画お宅だったみたいですけど、

映画沢山見て、感想文大量に書くようにしようかな、その前に語彙力と情報の高い文章を書けるようにならないと彼の様な文章はいつまでたってもかけるようにはならないだろうな、

それ以前にまずは大量に文章やら芸術やら貪欲に吸収しまくることの方が大事かもしれないな、絶対小説家と歌手になってやる、がんばるぞー!ばかばかしくてもこういうのがいきるうえで結構大事だと思うのです。

 

以前派遣先で知り合ったおっちゃんの知り合いのおっちゃんが、59歳ぐらいの独身なのに、なおも俺は結婚して子供を三人作って頑張るんだーって、しかもその三人のお子さん笑?の名前と性別までもうつくってあるっていう笑、何がすごいってそれをもう前面に押し出して他人に話しちゃうってねw、

自分の中で考えているだけならそんなことをする人はいくらでもいるんだろうけど、それを他人に包み隠さずぶっちゃけて話してしまうというね、すーげなそれって思ってましたね、なんかあったんですかね、悟っちゃったんですかね、僕まだ24で色々人生に疲れちゃってるから、そういうの聞くとちょっとは元気でるなーって、今思い出しましたね。

 

歌の歌詞も芸術もなんもかんもそうですけど、よくよく考えると、生きてることも意味があるのかよくわかんないんですよね、今僕がそういう病気にかかってるんだって思うようにしてますけど、昔はそんななんで生きてるんだろうとか考える以前に毎日が楽しくて楽しくてたまらなかったですからね、僕も今日を必死で生きねば、ネバーギブアップ。