夢は墜えて流星へ

叶わない夢が空に沢山輝いていた、

どれもが子供達の明日の為の希望で、それでも僕はいつか幾つか夢の一つは

目の前で見られんじゃないかと期待している。