脳のヨガ 類家俊明

脳のヨガ

 

 脳のヨガって言われるとなんじゃそりゃって感じだが、文章の内容が結構幅広く誰ににでも読みやすい感はある、これだけしっかりした文章を書かれると、確かにヨガしてると頭良くなるのかなって気になってくる、特に一つ1分で効果が実感できるのだからとりあえずやってみようという気にもなってくるのだ。人工知能や技術的特異点についての話題を入れて脳の価値を作者自身再考慮していたり、頭が良くなる証拠にIT業界ではヨガを取り入れているぞ、というのもあらかじめ話がちゃんと書かれていて、ちょっと説得されてる感じもあるが、情報としても面白い、特に頭蓋骨が動くことを知って、それを誰にも信じてもらえなかった男が頭を逆に布で締め付け、結果鬱になり人体の神秘に触れるという、もうなんじゃそりゃなんじゃそりゃと、大事なことでもないのに二回繰り返したくなる始末。

そして、1週間やってみたが逆に首を痛めてしまい、深夜にかかわらず、あまりに痛く二時間ほど泣きながら呻いていました、やり方がまずかったのかな、首をひねるようなのはやめておかなければ。