殺し合う世界観

 ほとんどの人は自分の世界を持っている、ほとんどの人は気づかないし、私も気づいていないのだけれども、みんな自分の見ている世界しか見ていない、だから当然自分の外の世界観を持った人から傷つけられることは日常茶飯事だ。

 私自身傷つけられたことはもう数え切れない、小学校の頃からいじめ続けられたし、大学時代に好きになった彼女にはもう殺してしまいたいと思うくらい傷つけられた、今だってそうだ、でもよく考えるとみんな無自覚なのね。

 宗教の対立とか、当然問題は価値観だけじゃないけれど、概して人は傷つきやすい。

自分の外の世界観で幸せになっている人間がいると引きずり降ろそうとする人間がいる、それも事実だけれど、他人を自殺に追い込む人間はその辛さを理解できないだけなんだから。

 意識の薄い人間と濃い人間 徒歩3秒で入水自殺 棺桶の中の棺桶

 

意識は幸せになるためにあるから、後戻りはしない、だから今日はもうおやすみ。